I'ROM GROUP

  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 主な提携先
  • 最新情報
  • プレスリリース
  • お問い合わせ
  • リンク

IDファーマの事業分野

当社はセンダイウイルスベクターなどの独自のベクタープラットフォーム技術を活用して事業を行っています。そのために、他のバイオ企業にはない大きな事業上のメリットが生じています。

特徴1:事業の持続的発展性

ベクターは、様々な遺伝子を搭載して、多様な疾患に対応した遺伝子医薬品を創出でき、また、同様に多様なタンパク質を動物細胞に作らせることができます。ポストゲノム解析の時代になって、個々の疾患の原因遺伝子が多く明らかにされ、今後もその数は爆発的に増加していくでしょう。つまり当社はこれら遺伝子情報を活用することによって持続的にビジネスチャンスを作り出すことができ、事業の発展性が期待されるのです。

ベクターによって標的細胞に遺伝子が導入される様子

特徴2:事業の多様性

ベクターは、基本的には遺伝子を効率よく細胞に運び込み、有用なタンパク質を作り出す道具です。従って遺伝子医療以外にも様々なバイオ事業に応用することができます。つまり当社は当社独自のベクターの特徴を生かし、バイオビジネスの複数の重要な領域で優位性を持って事業を展開することができます。今後その領域は増加してゆくでしょう。この事業は当社のビジネスでの成功のチャンスを拡大しているとともに、安定活動の実現にも役立っています。現在当社は以下のようなバイオ事業を展開しています。

ベクタープラットフォーム技術
  • 遺伝子治療

    疾患に関連した遺伝子を当社ベクターに搭載し、対象疾患に於ける高い治療効果を目指します。当社の新しいベクターは細胞に遺伝子を導入する効率や、それから治療用タンパク質を作り出す能力が高いため、遺伝子治療の治療効果を飛躍的に高め、現状では治療が困難な病気を克服する可能性があります。安全性についても特別な配慮がなされており、臨床試験も始まっています。

    対象疾患:循環器系、呼吸器系、自己免疫疾患、眼科系、がん

    さらに詳しく

  • 遺伝子ワクチン

    治療用の抗原遺伝子を搭載したベクターを投与して、病気に対する免疫機能を向上させます。予防や治療の難しい感染症の他、慢性疾患への取り組みがなされています。センダイウイルスベクターの特性を生かした、点鼻型ワクチンも開発しています。

    対象疾患:エイズや結核のような感染症、がん、アルツハイマー病など

    さらに詳しく

  • 細胞・再生医療

    センダイウイルスベクターの、他のベクターにはない特徴、すなわち、染色体を傷害しないという特徴を最大限生かしながら、細胞治療や再生医療そのものを目指す研究開発、事業開発と、iPS細胞技術を創薬ツール、実験動物作製ツール、あるいは今後注目されるエピジェネティックス研究ツールとして開発、事業化することを狙っています。

    さらに詳しく


  • バイオ事業 

     センダイウイルスベクターは殆どの哺乳動物細胞に遺伝子導入でき、かつその発現力が高いという優れた性能があります。これは遺伝子機能を試験管内や動物体内で検証するツールとして有用です。また、この性能を使って特定の機能を持つタンパク質を効率良く生産させることができ、このベクターに依拠したバイオ製品、サービスを提供します。
    バイオ事業に関しては医学生物学研究所(MBL)と業務提携をしています。さらに、本元正陽基因生物有限公司(本元)と提携してGMPレベルのベクター製造を実施し、日本国内の大学病院等において計画されている遺伝子治療等臨床研究施設へ供給する事業を開始しています。日本における臨床研究の実施を強力にサポートするとともに、本元のAAVベクター、アデノウイルスベクター技術についての国内代理店機能を持つことによって、当社のベクターポートフォリオを拡大しています。

  • さらに詳しく