I'ROM GROUP

  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 主な提携先
  • 最新情報
  • プレスリリース
  • お問い合わせ
  • リンク

網膜色素変性症の遺伝子治療

網膜色素変性症は、網膜の視細胞層および色素上皮層が広範におかされてアポトーシス(細胞が自ら死に至る現象)に至る難治性の遺伝性疾患です。日本には少なくとも3万人の患者がおり、世界的な患者数は20万を遥かに超えると推定されています。症状は加齢とともに徐々に進み、成年に至までに殆ど視力を失います。遺伝性の疾患であるために有効な治療手段はなく、現在のところ病状の進行を根本的に抑えることはできません。

一方、緑内障は眼圧の異常によって、あるいは眼圧異常によらず視神経の微小循環障害や脆弱性などを原因として視神経障害が発生する難治性疾患です。国内で370万人、世界では2000万人を大きく超えると言われ、4000万人というデータさえあります。緑内障治療も根本的なものはなく、症状の進行を抑制すると言われるものがあるのみです。特に眼圧異常を伴わない緑内障への効果的治療法は殆どありません。

当社は九州大学医学部とサル免疫不全ウイルスベクターを用いた前臨床研究を行い、モデルマウスとモデルラットで顕著な有効性を確認しています。これら眼疾患治療には当社が開発したSIVベクターを使用します。このベクターはラットを用いた前臨床研究で、網膜下組織において2年以上に亘って遺伝子発現を安定して維持すること、視神経などの機能を障害しないことが判明しております。ラットおよびサルを用いた長期観察試験によっても眼組織に異常を来さないことも示されています。

  1. 適応疾患

    網膜色素変性症および緑内障

  2. 作用機序

    作用機序は、網膜色素変性症のモデルマウス及びモデルラットを使って以下のことが示されています。神経保護因子であるPEDF(色素細胞由来成長因子)遺伝子をSIVベクターに搭載して患者網膜下組織に導入すると、経時的に縮退する視細胞を賦活化し、アポトーシスを抑制してその減少を阻止することができます。モデルマウスでは最も病状が進んだ時点でも30%の光反応力を維持できることが判っており、ヒトに置き換えた効果では有力な治療法となり得ると推測されています。さらにこの場合、他の細胞保護因子、例えばFGF-2(塩基性線維芽細胞増殖因子)も同じベクターに搭載して同時に導入すれば、網膜内顆粒層に栄養効果を加えることができ、治療に相加的効果を付加することができると判っており、患者のQOLの改善により役立つと期待されています。

    網膜色素変性症モデルマウスでの当社遺伝子治療製剤の神経細胞縮退阻止効果

    一方、緑内障は同様にPEDF遺伝子をSIVベクターに搭載して患者網膜組織に導入し、硝子体内に高濃度に発現するPEDFタンパクによって神経節細胞を賦活化し、さらにはアポトーシスを抑制して視神経の機能を維持します。